坂バカ夫婦のロードバイクブログ 〜2人で表彰台を目指して〜

夫婦でヒルクライムレースに出ています。
目標は2人で一番高い表彰台!!
ロードバイク、ヒルクライム、トレーニングなどなど綴りたいと思います。

オペ当日

オペの当日は5時半に起床しました。

最終飲水が6時までと言う事だったので大量に水を飲みました。しかし、何を勘違いしていたのか、お腹が空くからリンゴジュースを飲もうとしていました。直前で、水かお茶しかダメという事に気付きストップ!!危ない、オペ前からヒヤリ(-。-;緊張しているか?


チーム員のOさんとメッセンジャーのやりとり、応援歌(笑)まで頂き勇気付けられ、傷の処置をしてもらい、いざ出発!!


入院の手続きをして、リカバリールームへ。術衣に、着替えようとしましたが生乾きの臭い(;_;)耐えられず新しいものを持ってきてもらい着替えました(笑)

その後、点滴を入れてもらい入室を待ちました。


9時20分にいよいよ入室。オペ室スゲ〜と感動しつつベッドへ。イロイロとルートに繋がれ、手術の確認を聞いてからいよいよ麻酔へ。

今回は術後の痛みを考慮して、腕神経叢ブロックをお願いしてあったので全身麻酔の前に打ちました。この麻酔が首から入るし神経叢なので長くて物凄く苦痛でした(o_o)ブロック後、左腕がボンヤリ重くなってきて変な感じになってきたところで、点滴から全身麻酔へ。先生方と少し話をしていると、あー!きましたー!と言って意識が無くなり、終わりましたよー!という感じで目を覚まされました。


リカバリールームで暫く過ごし整形病棟へ移動しました。移動中に、だんだん気持ち悪くなり冷汗が大量に出てきました(-。-;病室につくとヤバイ、全身で発汗して自分でも血の気が引くのが分かりました(;゜0゜)でも、嘔吐はなく暫くして落ち着きました。ボンヤリしながら嫁さんと話をしながら、早くカラダを起こしたいなと思いました。

覚醒はしっかりしてきましたが、左腕の感覚がまだまだ全然無い状態(-。-;腕神経叢ブロックの効果凄い!感覚的には腕が大きな丸太の中に突っ込まれているし、自分の腕が何処にあるのか分からない状態。嫁さんが腕を触っても全くわからなかったり、伸ばしているのにお腹の上に腕がある様に感じたりしていました。

1時間ごとに丸太が小さくなってくるような感じで、触っている感覚も感じてきましたが痺れが凄すぎて触られると何とも言えない苦痛でした;_;

それでも、16時過ぎには指が少しずつ動き始めて、鈍い感覚で肘まで動かせて、おー!動いた!とチョット感動。何とか身体を起こすことが出来て着替えが出来ました。看護師さんからオシッコを促されましたが、まだ歩けずベッド上で尿器でトライ!したい気持ちはあるけどベッド上ではどうやっても出ない。あと1時間すれば腕の感覚はだいぶマシになりそうだったのでそれを待って、17時過ぎには離床しトイレに行けました(^。^)

痛みは腕神経叢ブロックのお陰か、痛みは少なく重だるい感じだけでした。

夕飯も食べられて、消灯前に痛み止めを飲んで眠りにつきました。1日付き添ってくれた、嫁さん、本当にありがとねー(^O^)/


今回の経験で、鎖骨骨折は、入院費とオペ費はかかるけど短期入院で動作制限がある程度解除されるのでオペがオススメと思いました。

あくまで、個人の感想です(^。^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。